訴訟をしたい人にも働きかけられるリスティング広告

今話題のホームページとセールスコピーライティングを活用すれば、ターゲットに直接訴えることができます。リスティング広告は、検索連動型であるため、検索したキーワードに関連する広告のみが表示されます。そのキーワードを検索したということは、何かしらの興味や関心があるわけですから、それに関連する広告を表示することができれば、ターゲットを取り込みやすくなります。リスティング広告は、このようなメリットがありますので、現在話題で、多くの企業に活用されています。

リスティング広告は、キーワードに合わせて出稿することができます。例えば、訴訟というキーワードで出稿すると、訴訟を調べた人の検索結果に広告が表示されます。キーワードごとに入札を行って、その入札額が高いほど上位に表示されやすくなります。ポイントは、なるべくキーワードの選択は、広告に興味を持っている人に歌えられるものを選ぶべきであることです。その検索ワードで引っかかっているのに、それとは関係のない広告を出していては意味がないからです。訴訟であれば、弁護士事務所が顧客を集めるために出す広告を出す際に選ぶワードとして適しているでしょう。キーワードの選択が間違っていなければ、クリックしてもらえる可能性はその分高まります。

リスティング広告は、クリック課金型です。クリックされればその分、クリック単価に応じて課金されていきます。このクリック単価が、入札をした際の金額になります。全くクリックされなければ費用は発生しませんが、それでは広告を出す意味がありません。そのため、クリックしてもらえるように、キーワードの選択は重要になります。そして、クリックが多かったとしても、それが結果につながらなければ広告費用が大きくなってしまうだけで、あまり意味がありません。クリックした人が商品やサービスを買ってくれるようにするためには、サイトの方もしっかりと構成を考える必要があります。そこで、リスティング広告をリンク元としているサイトは、ランディングページが選ばれます。ランディングページは、特定の商品やサービスを売るためだけのサイトなので、普通のサイトを持っている会社でも、それとは別に運用しています。そこでは、商品の良さや疑問に感じられやすい点などの解説をしっかりと行って、直接のアクションに期待しています。見た目も、見やすさを重視していて、大きな文字やイメージ写真が多用されます。