リスティング広告でコンバージョンを高めた成功事例

リスティング広告は、検索エンジンを使って検索をした結果を表示する画面に掲載される広告のことになります。検索した結果を表示する画面には、通常は広告と、自然検索の結果が表示されます。リスティング広告は、キーワードを検索した結果の、画面の上の方に、広告という文字と一緒に表示されることになります。

リスティング広告で自分の会社の商品やサービスの売り上げを上げるためには、キーワードの選び方とセールスコピーの内容、リンク先であるランディングページとの整合性が大切なポイントとなります。リスティング広告には、検索をした人が関心や、興味があるキーワードに関わっている検索結果の画面に表示されるので、ニーズが高い見込み客を獲得しやすいというメリットがあります。そして、クリックされたときにしか課金されない制度を取り入れているので、検索結果の画面でクリックされることがないと広告費が生じることもないので、少ない金額の予算からでも運用をスタートさせることが可能となります。また、配信がスタートさせたり、修正を加えたり、掲載を止めたりする操作を簡単に実施することが可能なので、コンバージョンが高まる効果を実感できなかった場合などは、状況に応じて対応できるようになっています。

しかし、リスティング広告はキーワードを入札することによって掲載される制度になっているので、高いコンバージョンを期待できるキーワードは、人気があるので、とても単価が高くなってしまう可能性があります。コンバージョンが期待できる単価が高いキーワードは、すでに大手の資金が豊富な会社が参入している分野のキーワードである可能性が高いので、せっかく高額な費用をかけて入札してもコンバージョンを高める効果を得るのが困難なケースもあります。ただし、効果をリアルタイムで測定して、広告を迅速に修正することができるというメリットもあります。

ある一定のシーズンしか使わない季節物の商品はリスティング広告を、オンシーズンにしか掲載しないというのが、その業界での一般的な慣習となっていましたが、1年を通して掲載するようにしたところ、競合他社との差別化が図られ、売り上げが何倍にも増加したという成功事例があります。また、自分の会社が提供する商品やサービスにニーズがある人たちに対して、興味や、関心があることを細かく分析をすることによってリスティング広告によるコンバージョンを高めるという成功事例もあります。