リスティング広告のスキルを磨くポイントとは

リスティング広告とは、ユーザーのクリック数に応じて広告料を支払う方式のものです。ユーザーが検索でキーワードを使用すると、購入費用に応じて目立つ場所にサイトが紹介されます。より多くの検索が期待できるキーワードは単価が高くなりますし、クリック数の多いキーワードもやはり高い単価となります。けれどもクリックによってサイトにアクセスしたユーザーは必ずしも売り上げにつながるとは限りません。大事なことはリスティング広告の単価とクリック数、そして成約率のバランスを取ることです。この費用対効果をいかに高めるかが必要なスキルと言えます。リスティング広告を成功させる要素は、このバランスをいかに取るかということになります。

そこで大切なのは、アクセスしてきたユーザーを最終的に誘導するLP、つまりランディングページを効率化させることにあります。結果が出るHPと費用対効果を高めるスキルを磨くことが必要というわけです。まずどのようなキーワードを選択するかですが、メジャーなものであるほどに広告単価が高くなります。けれどもそれは、一般的に使われるキーワードであることから、ターゲット層の属性を限定しにくいという課題もあります。必要なのは、自社のサイトの売り上げにつながるユーザーを確保することです。そのようなユーザーはどんなキーワードで検索するのかを調べることで、選ぶべきキーワードを特定させることができます。そこでサイトのテーマや扱う商品などで得られるメリットなどを考慮して、ユーザーにどんな利点があるのかを推測すると役に立ちます。それはユーザーが抱える悩みや問題の解決にもつながるキーワードとなるので、高い確率で潜在需要となるユーザーを集客することができます。

またリスティング広告では、複数のキーワードを組み合わせることも大切です。同じようなライバルのサイトが同様にリスティング広告を利用しています。けれども複数のキーワードの組み合わせは実に多くあります。そこで複数のキーワードを組み合わせることで、ライバルとの差別化を図ることも可能となります。またサイト内のコンテンツもページごとにテーマを変えるr必要がありますが、キーワードを組み合わせることによってそれぞれのページのテーマを重複しないようにすることもできます。このような工夫をすることで、収益につながるユーザー層を集客できると共に、ランディングページでのコンバージョン率を高めることも可能となります。