日本にカジノが出来たときに考えられる問題

ギャンブルにあまり良いイメージをもっていない日本人の文化においてカジノが解禁されたとしても、そのまま定着するのかという問題があります。他にもカジノが解禁されたことによって賭けを外してしまって負債を抱え込む方たちが、たくさん生じる危険性があるという問題やギャンブル依存症に陥る方たちが多くなり働く意欲が失われる可能性があるという問題、反社会的勢力に資金が流入する問題、青少年による非行が増える問題などが発生することが考えられるのです。

例えばギャンブルは勝つ人もいれば負ける人も必ず出て来るものなため大儲けをする方もいれば、借金に苦しむ生活を送ることになってしまう方もいます。そして、ギャンブルで的中させて借金を取り消そうと考えるようになってしまうとギャンブルに依存する生活に陥ってしまうのです。

身近にギャンブルがあることによって真面目に働いてお金を稼ぐことが馬鹿馬鹿しいと感じてしまい働くモチベーションがなくなってしまうことも心配されています。このような心配に対処する方法としてカジノクラブに入るときにはマイナンバーカードを提示することによって本人であることを確認することを義務化して日本人が入場するのを週に3度まで4週間で10度までに制限する対策もとることも検討されているのです。

そして日本人に対する入場料金を6千円にすることによってもキャンブル依存症対策が施される予定となっています。更にカジノ事業を免許制としたり、暴力団関係者が立ち入ることを禁じたりなどと健全な状態でカジノを運営していく上での、ある程度の対策をとることが検討されているのです。必ずしも、このような措置が充分であるとは言い切れないのですが利用する日本人を保護する健全な状態でのカジノの運営が望まれます。