リスティング広告におけるスポンサードサーチについて

リスティング広告とは、検索エンジンで人々が検索した際に、検索結果のページに連動して表示される広告のことです。お店を経営していたり、商品を販売しているという場合、できるだけたくさんの人にそのことを知ってもらう、興味関心を持ってもらうことが人気や売り上げに大きく影響してきます。自分の店や商品に関する情報を宣伝・発信したいと考えたときに思いつく方法として、紙媒体の広告を作って配り歩く・ポスティングする、もしくは新聞に折り込んでもらえるよう依頼するなどがあります。しかし、紙媒体の広告では材料や印刷に多額の費用がかかるという資金面にデメリットや、限られた地域内での活動になってしまうというデメリットがあります。一方で、リスティング広告は検索エンジンを利用するたくさんの人間に見てもらえるため宣伝効果の高いツールです。そしてリスティング広告の中でもスポンサードサーチを利用することでさらに効果を向上させることができます。スポンサードサーチとは、人々が検索エンジンで検索したキーワードに応じて検索結果のページに表示されるリスティング広告のことです。検索エンジンの結果ページに表示されるリスティング広告だけでも宣伝効果はありますが、スポンサードサーチの優れている点はほかにもあります。

まず、広告を表示するターゲット、つまり広告を表示する人間を意図的に絞ることができるという点です。スポンサードサーチは相手が検索したキーワードに応じて広告が表示されるため、宣伝したい広告にあらかじめ興味関心を持っている人間の検索結果のページに広告を表示させることができます。例えば、リンゴ狩りの宣伝をしたいと思っている場合、スポンサードサーチの設定にリンゴ・収穫等のキーワードを設定しておけば、そのキーワードを検索した人間のページに広告を表示することができます。多くの人々が利用するインターネット上では、やみくもに大量の広告を表示してもその効果は薄れてしまいます。しかしある程度広告を表示するターゲットを限定することができれば、その広告に関心がある人間にピンポイントで情報を届けられるのでより宣伝効果が高まります。

次に、スポンサードサーチが優れているのはコストの面です。紙媒体の広告の場合、興味関心がある無いにかかわらず不特定多数の人間に宣伝をしなくてはいけないので、たくさんの広告を作成することになります。宣伝の範囲を広げたいと思うとその作成にかかる紙代や印刷代・配布の費用はもっと増えるためコストがかかります。しかし、スポンサードサーチは発信したい広告に興味関心のありそうな人間に的を絞って宣伝ができるため、その分コストを抑えることが可能になります。表示されるようにしたい検索のキーワードを吟味することで金額も調整できるので予算内に収めることもできます。

さらにスポンサードサーチが魅力的な理由としては、より広範囲の人間に情報発信をすることができることにあります。紙媒体の広告の場合、広告用紙の枚数や配布方法によって情報発信できる地域が限定されます。新聞の折り込みを利用するとしても、その新聞を読んでいる人にしか広告を届けることができません。しかし、スポンサードサーチであれば、非常に広い地域の人間に広告を届けることができます。検索エンジンを使用しているのは日本国内、場合によってはそれが世界規模になりますから、その分広告も広い地域の人々を対象とすることができます。最近ではインターネットを使って商品をお取り寄せすることができるようになったり、より詳しい情報を知らべて予約・利用することができるようになっています。インターネットというツールを使った情報発信はその点が非常に優れています。

そして、注目したいのが柔軟性の高さです。時代や時期によって人々の興味関心は変化します。リスティング広告であれば、検索結果のページに広告を表示したいと考えるキーワードを定期的に変更することができます。インターネットで初めて広告を出してみたけれど、自分が期待していたほど宣伝効果が表れていなくて困ってしまった、という場合も考えられます。しかし、この方法なら一度利用してみて、思うように宣伝効果が表れない場合もキーワードを変更して試行錯誤することができます。そのためより時代や流行に柔軟に対応して広告を出すことができ、魅力的です。

このように、リスティング広告におけるスポンサードサーチは、情報発信を行うターゲットを絞ってより効果の高い宣伝ができる、ターゲットを絞って宣伝をするので無駄がなくコストカットができる、設定を自由に変更することで予算に応じて広告を出すことができる、より広い地域の人間を対象にして宣伝ができる、という点にメリットがあります。リスティング広告を利用してみたいと感じた人は、ぜひ一度今話題のHPと製作会社について調べてみるといいでしょう。